<< ホフディラン! ワンマン☆O-EAST!! | main | ル・パルクのランチ >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -

青山一丁目から散歩がてらひと駅くらい歩くと東京ミッドタウンや六本木ヒルズや新国立美術館があるなぁと思って、今回は青山一丁目のホテルに宿泊。





実はこのホテル、2回目でリベンジでした。今回はGWプランで朝食ビュッフェが無料でついてたし広い部屋を用意してくださったので、ちょっとお得感♪ なにかと便利な場所だしね、青山。





天気には恵まれて、チェックアウトのあとは青山霊園の脇の街路樹の下を歩いて行きました。





Aoyama









東京って街路樹が大きいよね、ふとそう思って見上げてみると、ユリの木だ。さすがにこんな大きなユリの木観たことない。こんなに高いんだもの…歴史を感じるね。晴天の休日の散歩は気持ちいいデス。





しばらく歩いて行くと、見えてきました新国立美術館☆





Shinmu3









写真などで観てたあの外観。国立というだけあって、大きい。中へと入って行くと人がどんどん増えてきた。





わたしの目当てはモネ展。展示されてる点数が100点近くて期待して行きました。20分待ち。列を作ってる中、iPodで音楽聴きながらだから大した待ち時間でもなかったけど、中に入ったらまたすごい人だらけ☆





いつかフランスへ行ける機会があったら、ジヴェルニーのモネの庭を観に行きたいって前から思っていたけど、きっとそれは名古屋でモネの睡蓮展を観たからだな。





070504_191501





今回はさほどジヴェルニーの庭の絵は出てこない。収穫はたくさんありました。
観たかった「ルーアン大聖堂」や「積み藁」が観れた。でも残念なことに「ルーアン大聖堂」はその中でも2枚のみ。霧はあったけど、昼の絵がなかった。





光のつぶ、影の濃淡、中間色と原色。
中でも雪の絵はさすがだと思いました。晴れた日の雪の影はホントこんな風に濃い影、そして反射している。





たっぷり1時間半かかって、たくさん感動してきました。「アルジャントゥイユの橋」が家にあるのでいちばん観たかったのだけど、残念。いつかルーブル美術館で観よう。





そして上野の東京国立博物館でやっているダ・ヴィンチの「受胎告知」も今回は観れなかったので、いつかウフィッツィ美術館で観よう。「最後の晩餐」だって観たいし。





観たい絵もたくさんあるなぁって思ったら、まだまだ死ねない(笑) たくさん世界を旅しなきゃ☆





Honnori_1









旅のおわりは東京駅のほんのり屋さんでおにぎりとおみそ汁をいただき♪





これ、れっきとしたファーストフードよ。日本のソウルフード、おにぎり(笑:かもめ食堂より)やっぱり日本人だなぁと感じる瞬間。1日1回はごはんが食べたくなるのでした〜☆楽しい旅でした。




| TRAVEL | 01:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| - | 01:03 | - | - | -
COMMENT
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
        
PROFILE
        
            



SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LIFE STRIPE
OTHERS
[Valid RSS]
無料ブログ作成サービス JUGEM
iTunes Store
             
SPONSORED LINKS