<< サンボマスターVSホフディラン福島大会 | main | 舞妓Haaan!!! >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -

待ちに待ったホフディランのアルバム「遠距離恋愛は続いた!!」が6/21にリリースされました。





こんなに発売が待ち遠しいアルバムなんて、ひさしぶりでした。予約までして…わざわざ予約特典のつく@TOWER.JPで予約しちゃいまして☆ドキュメント好きなのでこのDVDもよかった。予約特典のDVDを入れる場所もCDジャケットにあって、そりゃその細かいユニークさが、また粋なわけですよ。





51dfo76e5al_aa240_









そして肝心のアルバムの方はというと、音はもうRE:Bornしてる新生ホフディラン!!





ホフディランっておもしろいデュオだと思うんですよ。雄飛くんはあまり打ち込みに頼らない(凝らない)キーボディストのように思えるし、ライブではノードとAX-7くらいで足りちゃう腕の確かなお方。シンセをいじってた身としては、ライブでリアルタイムの腕2本だけで表現するシンプルさっておもしろい。ライブでもCDの音を再現しようとたくさんシンセを積んでるミュージシャンはたくさんいるわけなのに。その分シンプルでとっても身軽。やっぱweezerとかも、とってもシンプルなのに、なんでこんなにいいの!?っている音してるのに近いよね。





このアルバムは遊び心も散りばめられたキラキラしてるPOPなアルバム。これまでピアノやオルガンなどスタンダードなキーボードの音が多かったけど、さらにめだってシンセ"らしい"音が聴こえてきます。「はじまりの恋」がリリースされたとき、「おっ!」って思っちゃいましたが、「トゥユトゥミー」にもアフタータッチとかピッチベンダーかけてるっぽい音とか出てきたので、これまでと違うシンセアプチーチが感じられてたんですけど、アルバムではっきりわかりましたね。





個人的にモジュレーションをギュンギュンかけてるシンセリードとかは好みです。これ、AX-7のコントローラーが活躍かしら? (わたしはローランドのモジュレーションとかピッチベンダーはヤマハやコルグよりも個人的に使いやすいと思ってる派です)





雄飛くんてこれまでもサンプラーにおもしろい音を使ったりしてたので、いままでもいろいろおもしろかったけど、今回も「祭囃子」にちょこっと入ってるSCのレコーディング音みたいな音(ピッピッピッと言ってる音)などの遊び心の健在はうれしいし、ジェリーフィッシュのような「世界は〈POPに〉歌う」のキラキラシンセ、「今そこにある未来」のプログレみたいなフレーズにオルガンっていうのも好きだし、ところどころでひょこんと顔を出すホフの名曲フレーズも楽しくなってきます。(ユウヒーズで言うハクション大魔王の「あれ、このフレーズどこかで聴いたことがあるぞ!」ってとこですな。)





そして喉の手術からまだ100%じゃないという雄飛さんがライブ出来ない分、アルバムにこめたという気持ちは、ばっちり伝わってきます。ボーカルがね、あったかくなったなぁって思います。





加えてワタナベイビーの人間味のある歌はもちろん、コーラスにもこむぞうのUMUちゃん・慶ちゃんが参加したりと、すごいあったかくて明るくてピースフルなアルバムだと思う! すぐ口ずさんでしまうメロディばかり。





ありがとう。こんなステキなしあわせ気分になれるPOPなアルバムを作ってくれて。ホフディランのこれからの未来の夢にも便乗させてください☆






| MUSIC&MOVIE | 08:53 | comments(0) | trackbacks(1) | -
| - | 08:53 | - | - | -
COMMENT
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
電子ピアノの選び方のページです。ヤマハのクラビノーバ、YDPシリーズ、Pシリーズ、カシオのセルヴィアーノ、プリヴィア、ローランド、コルグ、カワイなどについてや、電子ピアノと中古アップライトピアノの比較、中古電子ピアノの選び方について書いています。

| 電子ピアノ | 2007/06/27 9:58 PM |
        
PROFILE
        
            



SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LIFE STRIPE
OTHERS
[Valid RSS]
無料ブログ作成サービス JUGEM
iTunes Store
             
SPONSORED LINKS